東京ジェイ法律事務所

TEL.03-6380-9593

受付 9:00-18:00 土日祝休

電話

お問い合わせ

Contact

24時間受付中

ご相談予約

Reservation

離婚の手続

Divorce Procedures

離婚したい方、離婚したくない方、いずれもが知っておくべき離婚手続き

離婚したい方、離婚したくない方、いずれもが知っておくべき離婚手続き

離婚というのはニュースにもよく出てくる言葉。離婚したら慰謝料を払ったりもらったりするとか、離婚したら親権は母が持つことが多いとか、何んとなく皆さんが知っていることはたくさんあるでしょう。でも、婚姻していることの効果がなくなるというのが離婚、つまり婚姻の終わりであり、それって、民法に書いてあることは知らないですよね?ここでは離婚したい、離婚したくない、迷っている方が知っておくべき手続きについて説明します。

よくあるご相談内容例

  • いきなり離婚を切り出されてしまって、どうしてよいかわかりません。
  • 妻(夫)とは共有できるものがなく、子どもが成人したので離婚したい・・・
  • 子供が小さいので離婚するべきか悩んでいますが、一緒にいるのが辛い・・

Advantage

離婚について決断をするとき、離婚という法律制度を知る必要があります。

Advantage.01

離婚について決断をするとき、離婚という法律制度を知る必要があります。

結婚も離婚も、民法の制度です。そしてそれを実現するには手続法(家事事件手続法とか人事訴訟法です。)に従う必要があります。離婚について漠然と考えていても、貴方は先に進むことはできません。離婚について正確に知ること、自分の決断のために必要な法律的な情報を得ること、これが必要なのです。離婚を拒否する方も同様に正確な知識が必要です。そのお手伝いを経験豊富な弁護士がいたします。

離婚について決断をするとき、「自分で決めること」が大事です。

Advantage.02

離婚について決断をするとき、「自分で決めること」が大事です。

離婚についての法制度を正確に知ること、これだけでは、離婚について自分で決めることはできません。自分の感情・気持ち、これを大事にすることも同じくらい大事です。お子さんがいれば、離婚に巻き込まれた「お子さんの気持ち」も大事ですね。だから、民事訴訟のように勝てばよいというものではないのです。人生での大きな苦しい決断は、自分でしましょう。そのお手伝いを当事務所ではしたいと思っています。

依頼者様との5つのお約束

Promise.01

気持ちを
大事に

Promise.02

不利なことも
お伝えします

Promise.03

離婚に関する
法律実務

Promise.04

決断の
サポート

Promise.05

お子さんの
気持ちも考えて

FAQ

いきなり夫(妻)が離婚したいと言い出して、どう考えたらよいかわかりません。

夫(妻)がなぜ離婚したいといっているのか理解し、自分はどうしたいのかをはっきりさせましょう。

離婚を切り出されたけれど離婚したくないというご相談は多いです。しかし、不思議なことに「離婚したくない」という方が相手の悪口をたくさん言うのです(笑)経済面・感情面といったいろいろなことがあって混乱している方が多いようです。法律相談ではそ相談者が考えを整理するための専門的アドバイスをします。無料相談にいらしてください。

熟年になっていますが妻(夫)とはわかりあえるところがなく、老後一緒にいると考えると精神的におかしくなりそうです。こんな私ですが、離婚できるでしょうか?

我が国は破綻主義をとっているので、基本的には離婚したい方は離婚ができます

先進国のほとんどは夫婦関係が破たんしたら離婚を認めるという破綻主義をとっており、日本の民法も基本は破綻主義です。そのため、有責配偶者といわれるタイプにならなければ、破たんすれば離婚が認められます。

私は離婚したくないのに、いきなり子どもと妻が家を出てしまいました!

お子さんを取り戻したいとか、話し合いたいなら家庭裁判所に申し立てをしましょう。

日本は離婚すると親権をもてるのが一人であるため子どもの奪い合いが激化しやすいといえます。そのため、夫婦での話合いがしにくくなっていますが裁判所には話し合いの場があります。時間がたつと子供の問題は不利になるので、申し立ては迅速にするべきです。

夫がいきなり実家に子どもを連れていき、帰ってこないまま「離婚する」と言っています!

迅速に家庭裁判所に適切な申立てをしましょう。

いきなりで驚かれたようですが、事案としては少なくありません。日本では、親権争いが激化しやすい制度になっているため男女ともに先手を打つという戦略をとることがあります。お子さんは巻き込まれて大変です。迅速に裁判所に申し立てをして司法の場で冷静に話し合うことをお薦めします。

我々夫婦はお互いに、離婚には合意したのですが、保有の自宅がありそれについて話がまとまりません。

離婚してから財産分与だけ協議する方法があります。

熟年で別居も長いとか、単身赴任が終わるが同居はお互いしたくないというような場合、離婚協議や調停以外に、先に離婚と年金分割をして、財産分与はゆっくり別の手続きで行う方法があります。どのような方法がよいか、検討して進めるべきでしょう。

Contact

離婚したい、離婚したくない、迷っている、どんなお悩みの方も東京ジェイ法律事務所へ

当事務所では離婚について悩んでいる、迷っている、どうしたらよいかわからない、親権紛争をしたくない・・・・などなどいろいろな離婚に関するお悩みを持つ方の無料相談をしています。WEB予約が可能です。

Legal Issues

離婚問題一覧

多種の法解釈や判例から、弁護士が論点ごとにわかりやすく法律問題を解説しています。

詳しく見る